2015/04/26 第7回 JBCF 群馬CSCロードレース Day-2

12

 

 

第7回 JBCF 群馬CSCロードレース Day-2

2015年4月26日(日)
群馬CSC
E3 2組 30km(6.0km x 5周)DNF
リザルト
記事

 

2月の高石杯ぶりのレースに群馬まで行ってきました。群馬CSCも初なら実業団レースも実は初でした。

E3は人数多すぎて2組に別れることになりましたが、それでもスタート時間は朝一で9:20からなので、7:30前には会場に着こうというわけで、神奈川の自宅を4時半過ぎに出発。

 

7:30 予定通り群馬CSC着。てか遠い。他の地方の方には悪いが3時間でも遠い。付いてすぐに試走を1周。寒い。山寒い。走ってみて、見ていたコース図と頭の中でがっちゃんこ出来ました。修善寺よりキツくはないけど、下りコーナーがキケン。

 

ここ最近泳いだりウエイトなんかしてて、さほど乗っていなかったのでアップも軽めで30分ほどに。

9:20 ほぼ予定通りスタート。やや集団後方ながら1周終えて、まぁなんとかなるかぐらいの感覚。2周目下り終わって緩やかに登り始める頃、突如リアが変速しない。

 

えっ〜と、ん?ワイヤー切れた?と思ったが、手で引っ張るとスルスルと抜ける感じはしない。レバー側で根元からちぎれたかなとその時は思った。

とりあえずインナートップかアウタートップを使い分けながら粘るが、どんどん離れて、抜かされていく。心臓破りの坂が筋トレに近い。ダンシングが続いて腰がモゲかけ。

残り1周に入るところで降ろされる。あと5秒だったらしい。5秒。完

 

 

結局、シフトワイヤーはディレイラーのワイヤー止めの箇所からするりと抜けていた。シマノの新しいポリマーコーティングのワイヤーは非常に引きが軽くなったのと引き換えに良く滑るので、旧コンポは適合しない、となっています。今までは滑ることは無かったのですが、今回滑りました。

シマノの言うことは守りましょう。

 

 

その後P1のレースで久々伊藤ショーゴの応援をし、半ばぐらいまで見ていたが、眠くなってきたのとレンタカーの時間があったので帰る。

 

 

 

安定のDNFながら、いつもよりなんだか楽しかった。わかった。2013年のジャパンカップ以来、クリテしか出ていなかったので、久々のロードレースだったからだ。

次は5月の横浜トライアスロン。51.5kmのオリンピックディスタンスなので、もう少し運動不足を解消しなければ。

コメント