ASUS PRIME H270-PROとCrucial CT2K8G4DFS8213、Pentium G4560で動かす

 

 

前記事の続きで、以下の構成で組んだPCのマザーボードとメモリと、BIOS起動テスト編。相性問題も無く素直に動きました。

参考 Pentium G4560 (KabyLake)、4K60fpsもヌルヌル再生のコスパ最強CPU

 

  • CPU:Pentium Dual-Core G4560(Kaby Lake-S)
  • マザー:ASUS PRIME H270-PRO
  • メモリ:DDR4 PC4-17000 16GB (8GB x2) CT2K8G4DFS8213
  • 電源:既存のものを移管(550W)
  • SSD・HDD:既存のものを移管
  • ケース:FractalDesign FD-CA-DEF-R5-BK

 

Kabylake対応のASUS PRIME H270-PRO

2017/1にリリースされたインテル第7世代プロセッサ「kabylake」に合わせて、マザーも多数リリース。

希望条件は下記。

  • 必須:PCIスロット搭載(PT2のため)
  • ベター:DisplayPort
  • ベター:USB-C

 

ATXサイズでもPCIを残しているのは数少なくなってきている。

が、

ASUSの新ラインナップ「200シリーズ」の中に私の希望を全て備えるPRIME H270-PROなるモデルを発見。PCIスロットを2本も残してくれているのは貴重。

最安だったドスパラ でCPUとケースと合わせてポチリました。

 

主な仕様
– LGA1151対応
– Intel Core i7/i5/i3、Pentium、CeleronシリーズCPU対応
– Intel H270チップセット搭載
– DDR4メモリ×4枚(最大64GB)対応
DisplayPort 1.2×1、HDMI 1.4b×1、DVI-D×1
– PCIe 3.0 x16×2、PCIe 3.0 x1×2、PCI×2
– M.2×2、SATA 6Gb/s×6
– USB 3.1×2、USB 3.0×6、USB 2.0×6、USB 5Gb/s Type-C×1
– 1000BASE-T×1
– デジタル電源回路「DIGI+ VRM」
– 省電力を実現するカスタムチップ「EPU」
– 高性能ファンコントロール機能「Fan Xpert 4 Core」
– ATXフォームファクター

 

ASUS PRIME H270-PRO開封の儀

来ました。

IMG_1636

 

 

サイドにシリアルナンバーが記載されているので、すぐにASUSアカウント登録をして、製品登録もしておきましょう。

IMG_1637B

 

 

ドスパラで買うと自作のためのミニ冊子が付いてくるので、親切さありますね。

IMG_1635

 

 

 

中はこんな感じにて。

IMG_1638

 

 

中身は本体、日本語マニュアル、SATAケーブル2本(ストレート、L字)、バックパネル、ネジ、ドライバDVD。

IMG_1639

 

 

LGA1151ソケット。

IMG_1640

 

 

PCIスロット。

IMG_1641

 

 

チップセットのヒートシンク(と思う)。

IMG_1642

 

 

バックパネル。USBはCが1つ、3.1が2つ、3.0が2つ、2.0が2つで計7つ。もう刺し放題。

IMG_1643

 

 

何かから守ってくれるLANガード。

IMG_1644

 

 

SATAは右下隅に4ヶ所。

IMG_1646

 

 

残り2ヶ所が横向いちゃってる。これは狭めのケースの場合に苦しむ可能性あり。その場合はL字ケーブルで回避必須か。

IMG_1647

 

 

CPUの取り付け

LGA1151は初めてでしたが。CPU装着すると保護カバーが自動で外れる仕組みらしい。

IMG_1648

 

 

カバーを上げて。

IMG_1649

 

 

G4560ですね。方向間違えないように。

IMG_1652

 

 

ガチーン感ある!

IMG_1653

 

 

はまった感ある!

IMG_1654

 

 

 

ふわっと取れました。

IMG_1655IMG_1656

 

 

 

続いて、上からクーラーですね。オーバークロックとかしないので、純正で十分なのです。

IMG_1657

 

 

4本足を合わせまして。

IMG_1658

 

 

ポチーーーと押し込む。

IMG_1659

 

 

裏から見ると、ハマってます。

IMG_1660

IMG_1661

 

 

で、外すときは4本足の上、黒いのを90度回すと取れてくれます。

IMG_1662IMG_1663

 

 

 

CPUファンのケーブルもつなぎます。CPU装着はこれにて完。

IMG_1665

 

 

CrucialのCT2K8G4DFS8213

メモリは一番安かったCrucialの DDR4 PC4-17000 16GB (8GB x2) 、型番CT2K8G4DFS8213に。17000なのでDDR4-2133ということですね。

9800円ほど。

 

スクリーンショット 2017-03-26 12.34.48

 

実際はマザーもCPUもDDR4-2400まで対応しているのですが、ちょい高かったのでこちらにしました。
参考 Crucialオフィシャル CT2K8G4DFS8213

保証は無期限らしい。
参考 制限付無期限保証 – Crucial®メモリ

 

CT2K8G4DFS8213とPRIME H270-PROは相性問題なし

メモリ買うとき、少し気になるのが相性問題ですね。今は問題が出ることはめったに無いとは言われていますが。

でも大丈夫。

Crucial側もASUSも動作確認リストを出しているのです。

 

Crusicalは製品ページから検索が可能。しかし検索するも「PRIME H270-PRO」が発売されて間もない製品のためか、リストに無く。

スクリーンショット 2017-03-26 13.57.16

 

 

 

続いてASUS側。製品のサポートページからリストのファイルをダウンロード可能。(PDF20ページ)
参考 PRIME H270 PRO メモリー/デバイスサポート

スクリーンショット 2017-03-26 13.59.31

 

 

 

しかしメモリの型番「CT2K8G4DFS8213」のままでは、記載なし。この型番はキット化されたものなので、単品の番号「CT8G4DFD8213」にて検索。

それっぽいのがいくつかあったので恐らくOKだと見込んで購入。

スクリーンショット 2017-03-26 14.21.14

 

 

 

 

来ました。

IMG_1704IMG_1705

 

 

2枚組ですね。CHIANの文字が輝きますね。

IMG_1707

 

 

スロットは4本あり、2本使います。写真ではスロット1、2に刺さっていますが、デュアルチャネルの場合は1、3にします。

このマザーはメモリロックが片側しか付いていません。この状態ではまだ奥まで刺さっておらず、

IMG_1710

 

 

カチンと、ストッパーがメモリを噛むまで押し込みます。

IMG_1717

 

 

 

CPU+マザー+メモリ+電源の最小構成にて起動テスト

ケースに組込む前に念のため起動テスト。

マザーにCPUとメモリ、電源、BIOS確認のためにモニタをHDMIで繋ぐ。

 

 

電源は既存の10年ほど前から使っているSEASONIC「SS-550HT」なる550Wのものを移管。特に不具合なく今でも動くので掃除だけして継続利用。

IMG_1699

 

 

24ピンの電源ケーブルと、

IMG_1697

 

 

8ピンを刺しまして。

IMG_1698

 

 

通電した時点でマザーにオレンジの灯が灯ります。

IMG_1711

 

 

 

こんな具合にスイッチケーブルを繋ぐ2本ピンをマイナスドライバーあたりでショートさせ、スイッチONです。

グイーンとFANが回り出します

 

 

 

BIOSも無事に立ち上がりました。問題無しですね。

IMG_1712

 

 

一旦電源OFFのち、SSD、キーボードを接続。

IMG_1714

 

 

 

近未来感あるBIOS。

IMG_1715

 

 

とりあえずこれにて動作確認、完。

続いてケースに組んでドライブなどを接続していく。

 

 

 

ポイントサイト ハピタス 経由なら、いつでもドスパラ1.1%、楽天1.0%還元でお得

スクリーンショット 2017-03-24 17.37.26スクリーンショット 2017-03-24 20.16.20

 

 

 

コメント