ニューバランスのランニングシューズ「Fresh Foam」がSTRAVAのキャンペーンで当たったのでレビュー

IMG_4104

New BalanceとSTRAVAが合同でキャンペーンを実施していのですが、軽くポチーーと応募したら忘れた頃に当選のメールが来ました。

ありがたやー。

靴だけではなく、RUNIQという発売したばかりのスマートウォッチ、ランパン+ランシャツと至れり尽くせりで、

まさにFresh Foamのサイトトップ画像のランニングお兄さんの通りのセットをプレゼントしてくれたわけですね。

シティーボーイ感あふれてるー、ひゅーひゅー
オレもこれになりたーい、ていうかなれるー、かもー

FRESH_FOAM_|_NB_RUNNING

もぅワイはすぐにでも走り出さずにはいられない!という勢いでその日はゴロゴロしました。

IMG_5837

実際走ってみて、

  • お気楽ランニング派(6’00〜4’30/km)
  • たまにペース上げて走ったりする派(〜3’30km)
  • アシックスのSKYSENSOR、GELFEATHER GLIDEあたりを履いている派
  • なんかSuchmosみたいなシティボーイ感出すけど、走ったりもするよ派
  • 旅行(出張)先でも走りたい派の普段履きに

んなぐらいの人々に結構いいんじゃないかと感じました。

ニューバランスのFresh Foam

Fresh Foamというのはシリーズの総称のようでして、ラインナップされているのは3モデル。基本設計が同じながら、コンセプトが異なっており、アッパー(おもて側)の構造が少し異なっている模様。

公式サイト https://www.newbalance.co.jp/products/fresh_foam/

あの赤いのがいいなぁと願っていたのですが、その赤いやつ「ZANTE」がやってきました。やたー

IMG_4104

アッパー足先部分は1枚で包まれています。

IMG_4105

かかと周りのホールドはちょい低めでストレスはありません。

IMG_4111

中敷きは取り外し可能なので、洗ったり干したりすることも可能ですね。

IMG_4113

サイズ感はアシックス、ミズノと同じと考えてよし

私はアシックス、ミズノともに長らく記憶がある限り高校の時から26.5なのですが、今回のこのシューズも26.5でぴったりでした。

私の場合、ニューバランスさんのシューズはほぼ初めてに等しく、サイズ感が分かりませんでした。せっかくもらうのにサイズでミスをするのだけは避けたい、ということで近くのABCシューズでサイズ合わせだけさせてもらいまして(買うのに迷っている感だしながら)、帰ってきました(ABCシューズごめんね)。

でもって、26.5に決定させてもらいました。

アシックス、ミズノ派の方は基本同サイズで問題は無いかと思いますが、こちらのシューズはWIDTH(幅)が2Eとなっています。

IMG_4114

で、この2Eというのはアシックスの解説曰く「標準ど真ん中」となります。

参考 アシックス 足囲ガイド(ラスト対応表)

なので、アシックスでシューズによってラインナップされているスリムタイプを履いている方は、足先部に余裕が出来てしまう可能性があると思われます。なので、検討刷る場合はどこかのショップでサイズ合わせをオススメします。

一番の特徴はハニカム構造のフラットソール

このFRESH FOAMシリーズの一番の特徴は、横から見ても特徴的なフォルムが目につくこのハニカム構造のフラットソールでしょう。

IMG_4106IMG_4110

後ろからでも存在感ありますね。

IMG_4107

ソール。足先のほうが目が大きく、

IMG_4108

足先に比べて、かかとの方が目が細かくなっています。

IMG_4109

これは、

フォースプレートから明らかになる足にかかる圧力分布を基にしたハニカム構造
身体の重心移動をスムースにするため、ハニカム構造の凹凸の大きさ、位置、向きなどを科学的なデータから最適に配置。この余分なパーツを一切使わないハニカム構造のミッドソールがソフトな履き心地だけでなく、適切なクッション性や安定性を与え、快適なライド感を実現。concept_05

ということらしいですね。

ソールの構造でもう一つ特徴なのが、レスドロップ。つまり、かかと下から拇指球あたりのミッドまでフルフラットなのですね。

自然な着地で足運びを促すレスドロップ設計

つま先とかかとの高低差をレスドロップ設計にすることで、スムースな足運びを促します。
レスドロップ設計のメゾット
ランニング初心者:ベアフットをサポートし、エネルギーロスが少ないミッドフット着地での走りを提供
スピードランナー:レスドロップだからレーシングシューズにストレスなく履き替えられる

feature_03

NIKE、adidasもフラットシューズがラインナップにあり、同様の構造なのかは分かりませんが、このような設計思想は流行りなのかも知れません。

走ってみた感じ、ウレタンソールにしてはしっかり目

実際に走ってみると、走る前に予想していたよりもソールがしっかりしている。

もう一足普段のランニングで使用していた靴がアシックスの「ゲルフェザーグライド」というモデルで、アウターソールが発泡ウレタン(スポンジ)なのですね。真ん中には高反発性クッション材の「SpEVA(スピーバ)」が挟まっている。

で、これはやっぱり柔らかくて沈み込みがある。ゆっくりJogするだけならいいんだけど。流しをしたり、ペース上げて(4’00/km以下ぐらい)走ると、ちょっとブレる。個人の好みもあるのかも知れないが。私はこれがあんまり好きな感じではなかった。

参考 【世界陸上】アシックスのハイテクシューズで世界新は出るか?

で、今回このFRESH FOAMもソールが厚めのウレタンで、ちょっとどうかなと不安があったのですが(タダでプレゼントしていただいたのにも関わらず)。

意外や意外、ソールに沈み込みは感じず、けっこうしっかりしているか。これはイイかも感なのです。jogでも、ちょっと早めに3’30ぐらいで走ってもそんなに違和感はない。

普段からソーティマジックなどのペラペラマラソンシューズを履き込んでいる人には、難しいかもですが、スカイセンサーやゲルフェザーグライドあたりで走っている人は、こちらのシューズを履いても全然いい感じでしょう。ニューバランスとしては、このあたりの層を引っ張ればいいんじゃないかと思う。

ただし、ソール(特に足先部)が合成ゴムでないこと、アッパーが1枚ツルリン構造なので、スプリントやダッシュをした時は、多少はブレがあり、そこまでガチンと地面をグリップするようなタイプのシューズではありません。そこを求めている人からは、少しターゲットがすれるでしょう。

こういう人が「FRESH FOAM」合ってるんじゃないか

  • お気楽ランニング派(6’00〜4’30/km)
  • たまにペース上げて走ったりする派(〜3’30km)
  • アシックスのSKYSENSOR、GELFEATHER GLIDEあたりを履いている派
  • なんかSuchmosみたいなシティボーイ感出すけど、走ったりもするよ派
  • 旅行(出張)先でも走りたい派の普段履きに

んなぐらいの人々に結構いいんじゃないかと感じました。今あなたが見ているモニターやスマホではどんな色になっているか分かりませんが、実物は結構鮮やか目のレッドです。

アシックスの毎度トンチンカンカラーのランニング・シューズでは普段履きが厳しい感じでも、このニューバランスのFRESH FOAMなら普段履きでも違和感なしじゃん。

あの子も言ってたよ。てな感じ。

ワイは今後の怒涛の海外出張にそのまま履いていきたいなー