Polar V800 初期設定、センサー&iPhoneとのペアリングあたりまで

v800

前の記事の通り、Polar V800を購入することに決めて、注文時に一番安かったWiggleさんでポチりました。ハートレイトモニターのH7が一緒になったセットもあるのですが、すでにH7は持っていたためV800単品を購入しました。

クリスマス頃に注文したのですが、年末年始を挟んだおかげか到着まで4週間近くかかりました。

Polar V800 開封の儀

まずパッケージがなかなかしっかりしています。箱の開け閉めする部分にマグネットが入っており、しっかりと閉まるようになっています。うっすらと見える様々な競技選手のシルエットがイイ感じです。

v800v800v800v800v800

中身一式

これだけ入っています。
・V800本体
・USBケーブル(データ転送&充電用)
・マニュアル(言語別に複数)
・Firmwareアップデート喚起タグ
・注意書
・規格承認書?(スペイン圏?の何かの規格の承認書のようです)

v800v800

最初マニュアルが結構分厚いなと思ったのですが、束ねているフィルムを外したところ、言語別に複数冊が束ねられているだけだということがわかりました。バラしてみます。

v800

7言語、英語、フランス後、スペイン語、オランダ語、イタリア後、ドイツ語、ポルトガル後。そうですね、日本語がありません。オンラインのPDFマニュアルがあるのでそちらを参照することとしましょう。もしかすると日本の正規代理店で購入すると日本語verも付属しているのかも知れません。

USBケーブルは、時計接続側が少々特殊な形状でクリップで挟み込むような形となっています。
v800v800

本体の外観

本体は初期状態でディスプレイ部に保護用の画面が印刷されたフィルムが巻かれています。これは取ってしまいましょう。

v800

バックル部は二本止めで安心ですね。

v800

ベルト止めは真ん中に赤の丸い金属が入っておりカッコイイ感じを醸し出しています。

v800

裏面にはBluetooth規格の認証番号とシリアルナンバーも入っていますね。

6

また本体裏側すぐ上のベルト部分にケーブルのクリップで挟み込む接続部があります。ここはフタはなく、常に露出した状態となります。

v800

右側面にはボタンが3つ、左側面には2つのボタンの真ん中にV800の刻印が渋く刻まれています。

v800v800

初期設定

日本語マニュアルページ HTML版とPDFと両方用意されています。

1.最初にまずファームウェアをアップデートするため「Polar FlowSync」なる基幹ソフトをダウンロードします。こちらから。Polarアカウントを持っていない場合は、合わせてアカウントも作成します。実際オフィシャルのtwitterを見ていると、それなりにちょくちょくとアップデートしているようです。

2.アカウントの設定、インストールが完了したらPCに接続します。こんな感じで繋ぎます。今回母艦をMac Book Proとしました。Windowsでも作業自体に違いは無いと思います。

v800

しばらくすると言語選択の画面になります。この時点では日本語は選べませんので、とりあえずEnglishを選択します。日本語への設定変更は、後ほどWebからPolar flowにサインインし設定から日本語へ変更、V800と同期すればOKです。

v800

次に初期設定の表示へと移ります。次々と進んでいってOKです。

v800

時計表示を12時か24時表示のどちらか選びます。

v800

日付合わせですね。

v800

単位の設定です。日本人であれば、メトリック(kg,cm,℃)で良いでしょう。写真がありませんが、この次に左右どちらの手首に装着するかの選択画面もあります。

v800

体重

v800

身長(ちなみに私は70kg, 170cmではありません。念のため・・)

v800

生年月日(年齢)

v800

性別

v800

トレーニングバックグラウンドということで、、トレーニング頻度を選択します

v800

こんなところで初期設定は完了です。

V800とハートレイトモニター(H7)とのペアリング

ついでなんで、ペアリングも済ませてしまいます。まず先にハートレイトモニターH7とのペアリングです。手順はマニュアルにもありますが、

  1. 先にハートレイトモニターを身体に装着。
  2. V800のスタートボタン(赤)を1回押して、プレトレーニングモードにします。
  3. しばらくすると画面に下記のようにペアリングの可否が表示されますので、そのままスタートボタン(赤)を押して完了です。

次からは毎回ペアリングする必要はなく、V800とハートレイトモニターが互いに信号を受信出来る範囲にあれば、自動的に認識します。

v800v800

V800とiPhoneとのペアリング

つづいてiPhoneとのペアリングです。まずはiPhone側にあらかじめPolar flowアプリをインストールしておく必要があります。もちろん無料です。Androidも同様の手順です。


Polar Flow – スポーツとアクティビティの分析
App

カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: 無料
デベロッパ名: Polar Electro

アプリのインストールが確認できたところで、ペアリングに入ります。

1.iPhone側でPolar flowアプリを立ち上げサインイン、BluetoothをONにしておきます。
2.V800で時計表示から左下(Back)ボタンを長押しすると下記のように表示されます。

v800

3.しばらくするとV800の画面に下記のように表示され、iPhone側で認識されたことがわかります。

v800

4.iPhone側にもペアリング要求の画面が表示されますので、V800にて表示されたPINコードを入力して、「ペアリング」の表示をクリックし完了です。(この画面でいうと「703296」というのがコードに該当します)

v800

これでひとまず設定は完了です。続く。

WiggleでPolar V800を見る