ウェットスーツの破れたキズをホームセンターで買った黒ゴム接着剤で修理してみた結果

IMG_0617

 

昨秋、海での練習の際に、妻のウェットスーツが少々破れて傷になったままの箇所がありました。少し調べてみると、ちょっとした傷ならゴム用の接着剤で十分直せる、リペア出来るということでした。

参考 :ウエットスーツ ラボ

 

家にあった2液合成の接着剤は「プラスチック+金属」なんて書いてあったので、なんか違うようでした。なのでホームセンターへ。

 

「ゴム用」と名前に入っているものが結構何種類もありましたが、黒ゴム用と書いてあったので、これにしました。けどよく考えると、ウェットスーツっていわゆる黒ゴムなんだろうかと、買ってから思いましたが、試してみます。

「ヘンケル」社製ですね。ドイツのあのヘンケル。パーシルハイジーンの。

 

IMG_0621

 

 

キズは1cmほどのものが2箇所、太ももあたりです。

IMG_0616IMG_0617

 

 

 

使い方を見てみますと、接着面をヤスリがけとか書いてますけど、ムリすね。そのままいきます。

IMG_0622IMG_0623

 

 

 

まずは、ボチッとキズへ入れます。

IMG_0624IMG_0625

 

 

 

そして、いったん接着面に広げるためキズを閉じます。そのままいきたいところですが、いったん指がべとつかない程度に乾かすということでしたので、洗濯バサミなんかで面がひっつかないように開いたままにしておきます。あんまりはみ出ない方が良いようです。私ははみ出ましたので、拭きました。

IMG_0628IMG_0629

 

 

乾くのに時間かかるかなと思ったのですが、1分もしないうちに触ってみたら、べとつかない程度に十分乾いていました。

で、あとは圧着しておくと。本当は接着面同士を上下に圧着できたら良いのですが、構造的に難しいので上から洗濯バサミで挟んでおきましょう。

 

半日ぐらい置いてみます。

IMG_0631

 

補修後、数レースこなした結果

ちょっと見た目はグロデスクですが。乾かし方がイマイチだったのでしょうか・・。

 

IMG_8736

 

ただ敗れた箇所はバッチリひっついています。

IMG_8734

 

IMG_8737

 

 

今回破れた箇所は裏側までには至っていなかったのですが、念のため裏側を見ますと、全く影響なし。

IMG_8738

 

 

その後、数レースこないしていますが補修箇所は再発することなく、そのまま大丈夫です。

ウウェットは着るとき、脱ぐときに勢い良くビヨーンと伸ばされたりするので、ストレスがかかっているかと思いますが、それをクリアしているとなれば、

この「黒ゴム接着剤」で必要十分かと思われました!!

コメント

  1. この処置の結果の記事ってあるでしょうか?
    結果が気になります!!

    • J より:

      遅ればせながら、少々追記しました。今のところうまくいってる気がします!