2016/05/22 第3回南紀白浜トライアスロンに出てきた

IMG_3551

 

2016南紀白浜トライアスロン

  • 2016年05月22日(日)
  • 和歌山県白浜町
  • オリンピックディスタンス 51.5km
  • リザルト:203位 2:44:36
総合スイムS順バイクB順スプリット通過ランR順
2:44:360:30:503131:22:421411:53:321870:51:04227

 




2016 第3回南紀白浜トライアスロンに出てきた

昨年10月の川崎港トライアスロンから約7ヶ月、今年最初のトライアスロンレースということで、南紀白浜トライアスロンに夫婦で出てきました。

 

移動編

神奈川に住んでる上に前日説明会必須ということで、泊りがけでの遠征レースに。泊りがけのレースは2012年の全日本ロード以来、トライアスロンでは学生時依頼かと。

新幹線で行くのも高く付くので、マイルを使って飛行機で行くことにしました。よって輪行で行くことに。自転車以外の荷物は全てボストンバッグに入れて、先に宿にヤマトに送っておきました。

 

国内線であればこちらの輪行袋で問題なしですね。国際線だとダメでしょう。タイヤの空気は念のため抜いておきました。貨物室も今は与圧されているものの、前に飛行機での輪行の際に到着後パンクしていたことがあるので。

 

羽田ー白浜便(HND – SHM)って、JALしか飛ばしていないんですね。しかも機材はE190で。ANAは飛ばしてないんですよ。知らなかったですね。

けど羽田ー白浜便は、特典予約開放日の時点で空席なし。断念。関空に飛んで、そこから白浜までレンタカー作戦としました。行きはJALで、帰りはANAで。

早朝便07:15発しかなかったので、最寄り駅まで自走で行きまして、駅で輪行パック詰めとしました。朝早いすね。この時間からビールを飲む元気はないすね。

IMG_7406

 

 

レンタカーはいつもオリックスレンタカーで。

早割を効かすといつも大手ではいつも一番安いすね。時間はたっぷりあったので、節約で下道で行きました。山道で3時間かかってぐったり。

白浜には「とれとれ市場」なるものがありまして、そこが運営しているレストラン「とれとれ亭」でバイキングがあるので、お昼はそこで取ることに。お昼は一人1,300円、60分。

IMG_3536

 

 

宿は「ログハウス木輪(キリン)」というところに。素泊まりで。

他のホテルは観光地プライスで高いすね。さすが白浜。最近はシーズンになると中国人と韓国人で溢れかえるそうで、プライスを下支えしてますね。

IMG_7420IMG_7419

 

そんなわけで夜はコンビニで調達して、食べて寝ました。

 

レース編

コースがちょっと特徴的でして、バイクとランのトランジットが全く別の場所でして、トランジット用の荷物を先に預けるという、やや変則的なシステムです。

まぁ実際の運用は問題なく行われておりましたが、初めての方はちょっと混乱しそうですね。

コース

 

SWIM

快晴。水温が20度ぐらいだったような。

このぐらいが暑すぎす、寒すぎず丁度良い感じスネ。

アップで15分ほど走り、日焼け止めと首にワセリンを塗っておきました。コースは750mを2周。それほど泳いできたわけでもないので、ゆったり目に行くことに。

水質は今まで出たレースで一番キレイでしたね。水中にダイバーがいて、海底から写真を撮影していました。

特にバトルに巻き込まれることなく、平和にスイムフィニッシュ、すぐにタイマーがあってトランジットタイムは全てバイクに含まれるようでした。

定番のトイレに行きたくなりまして、今回はトランジット横にトイレが設置されており、スッキリしてバイクへ。2分ぐらいは尿意のためなら捨てましょう。尿意には勝てないのです。

BIKE

バイクは途中の周回コースを5周して、ゴールへ。

周回に入るまでが登り基調。周回に入ってからは行きが下り基調、帰りが登り基調というコース。特に試走はしませんでしたが、特別に危険な箇所はないように感じました。落車はなかったと思います。途中のトンネルは長さも30mぐらいで明るいので、サングラスも暗めでも問題なかったですね。

個人的には下りと平地が遅かったですね。みんな平地速いなぁ。

 

で、このコースは最後にとんでもないワナがありまして、周回コースが終わってからトランジットにたどり着くまでがドエラい登りになってまして、Max20%ぐらいあります。

女性の方だと、もう降りてしまうんじゃないかと思いましたが、妻(50-34、後25)は下りなかったようなのでまぁ大丈夫なのかもしれません。ただしデカギアだと注意ですね。

ルートラボで作ってくれている人がおりまして。約1km、平均9%ちょいぐらいだそうで。登りきりでちょい下りまして、旧空港滑走路に入るまでがまた登りです。いやキツイっすマジで。

 

 

で今回、Xiaomi Yiでレース初撮影してみました。まだ改善点いろいろありますが、それなりに撮れてますね。FullHDの60fps、元データはビットレート35Mbps、Garmin Virbで編集しました。


 

RUN

ランは周回なし、折返しなしの1本道10km。

走り始めこそ公園を通ってトレイル的なコースですが、4kmぐらいまで結構な下り基調で、その後は砂浜沿いも走りますし、ランコースは良い感じでした。速い人は結構タイムが出やすいかも知れないです。

エイドには梅も置いてあります。紀州といえば梅ですね。ウマし。定番の塩タブもいただきました。塩タブは非常に良い取り組みだと思います。

ちなみにランでも再びトイレに寄りまして。ハルンケアが必要ですね。

 

雑感・まとめ

タイムは全体的にゆったり目な感じでしたが、まぁ良しということで。

大会の運営については、トランジションの荷物が初めての人にはちょっとややこしいかもですが、混乱は特にないようでした。スイム、バイク、ラン共にコースは非常に良いので、まだ3回目ですが人気の大会になりそうだなぁと思います。

 

そういえば団長が出てました。帰りの羽田の飛行機までも一緒で。こっちも551食べて、向こうも551食べてまして。関空のラウンジで假屋崎省吾さんがおりまして。で、羽田に着いたらホンジャマカの石塚さんがいまして。そんな1日でした。

 

次は6月12日のアイアンマン70.3です。長いですね。けど3週間しかない。

IMG_3547

 

 

妻はこのレースからこちらのサドルに交換しまして。痛みから解放されたらしいです。女性の方には特に良いかもですね。

コメント