Polar V800 ファームウェアアップデートでランニングケーデンス(ピッチ)の測定が可能に。

Polar V800Ver1.7.18のファームウェアアップデートにより、ランニングケーデンス、いわゆるピッチの測定が可能になりました。

Polar V800 software update fixed with running cadence

これは従来、足にFootポッドなるセンサーを付けることで測定可能だったものを、腕時計のみで、つまりV800内の加速度計を使うことで測定が可能になっているようです。

水泳でストローク測定ができるぐらいなので、ランニングのピッチ測定も充分に可能というものですね。

ちょっと前からファームウェアそのものはオープンになっていたものの、アップデートが走らないという状況でしたが、FlowSyncそのものもアップデートされ、ようやくアップデートが出来るようになりました。

V800をPCにつないでPolar FlowSyncを立ち上げ、データ同期すれば最後にアップデートされます。

データ同期後、こんな表示が。「はい」

スクリーンショット 2016-02-20 20.46.45

放置。

スクリーンショット 2016-02-20 20.51.23

完了。

スクリーンショット 2016-02-20 21.02.27

右下、左側のアイコンをクリックして設定画面を表示し、左上に1.7.18と表示されていればOKです。

スクリーンショット 2016-02-20 21.03.08

で、実際に走ってみたデータをPolar Flowで見てみますと。

緑がケーデンスですね。測定出来ていました。

スクリーンショット 2016-02-25 15.00.25

ほほー。

スクリーンショット 2016-02-25 15.01.01

で、少し前から自動同期が可能になっているSTRAVAで見てみますと。

見事にWカウント。

平均ピッチ178spmとかになってる。

スクリーンショット 2016-02-25 15.03.25

Polarへの問い合わせは日本語Facebookページもあるのですが、直すのは結局のところ本家なので、Twitterで投げるのが良いかと思っています。

ではFixを待ちます。

追記:

その後、DMでやり取りし、

Hi, sorry for the delay. There’s a bug we still need to look into. Apologies for the inconvenience caused.

2016, 3月4日

やはりBugのようでした。気長に待ちましょう。。